記事内に広告を含みます

【映画化されたBL小説】同級生BL:凪良ゆう「美しい彼」感想・おすすめ

imaged by Jacek Dylag from Unsplash

次にどのBL小説を読もうかな?と考えるとき、みなさんは、どのように選んでいますか?

一般的には、作家さんや、ジャンルで選んだりすることが多いと思います

「あ、○○先生の新作だ、読んでみよう」とか、

「知らない先生だけど、オメガバースか、面白そう」みたいな感じです

あとは、上記以外にも

漫画化、ドラマ化した作品という視点で選んでも、面白いと思います

それだけ原作が人気ってことですし、名作も多いからです

近年の作品では、ドラマ化や映画化もされた、「美しい彼」シリーズがおすすめです

小説からでもいいですし、ドラマからでもいいと思います

以下、他媒体でも製作された作品をおすすめする理由と、

凪良ゆう先生原作「美しい彼」シリーズについて、みていきます

メディアミックスされたBL小説を読むメリット・デメリット

imaged by Anuja Tilj from Unsplash

小説や漫画を他の媒体でも展開することを、「メディアミックス」と言います

メディアミックス作品って、要は、それだけの価値があると認められた作品です

つまり、売り上げが見込める ⇒ それだけ原作が人気、ってことですよね

また、人気ってことは、面白い作品である確率も高いってことです

メディアミックス作品は、実力も人気も備えた安心作品、といえるかと思います

  • 人気作品だから、他の媒体でも製作される
  • 人気作品 ≒ 面白い作品 ≒ 良作に出会う確率が高い

もちろん、映像化されることが苦手な小説好きの人もおられます

その気持ちは、正直よくわかります

映像化されて、がっかりする小説も、いっぱいありますもんね

俳優さんがイメージと違う、原作と合わないエピソードが追加される、など

特に、原作への愛情や敬意の感じられない作品は、哀しくなりますよね

  • 小説を読んだ時に持った登場人物のイメージが、演じる俳優と異なって、残念に思う
  • 原作のイメージに合わないエピソードが追加されて、作品全体の雰囲気が損なわれてしまう
  • 原作への愛情や敬意が感じられない

楽しもうと思っているのに、がっかりさせられたら、イヤですよね

それに、大切な原作に、敬意が感じられない作品を見せられるのも、哀しい

でも、でもです

1つの作品を色んな媒体で楽しめるって、本当は素敵でお得なことだと思うんです

原作と映像化されたものを比べる楽しみ、

小説の登場人物が動いて話しているのを見る感動、など

色々なワクワクを、味わうことができますから

なので、がっかりしないような作品を選ぶことが、大事だと思います

ポイントは、

原作イメージを損なわないように、愛情を持ったスタッフが関わったものを選ぶ

これかなと思います

そして、上記の意味で、おすすめするのが「美しい彼」シリーズです

  • 原作のイメージを損なわないように、愛情を持ったスタッフが関わったものを選ぶ
  • メディアミックスされた作品では、「美しい彼」シリーズが、おすすめ

次に、「美しい彼」シリーズについて、みていきます

凪良ゆう「美しい彼」シリーズとは

imaged by Charlize from Unsplash

メディアミックス作品の中で、おすすめは、凪良ゆう先生「美しい彼」シリーズです

原作小説の第1巻が発売されたのは、2014年12月です

元々人気がある凪良先生の新作だったので、当時から話題になりました

色々なBLの賞も受賞しています

  • BL作品レビューサイト「ちるちる」の「BLアワード2015」小説部門第1位
  • 「このBLがやばい!2016年度版」小説部門第2位、など

物語の主人公は、平良(ひら)くんと清居(きよい)くんの2人です

無口で友達もおらず、クラス内の序列も最底辺のいる平良くん

そんな平良くんが、クラスの人気者清居くんに、一目惚れするところから物語が始まります

「ひらきよ」とも呼ばれる2人の拗らせ具合や、

すれ違いっぷりが可愛らしくて、愛でたくなる作品です

これまでのところ、続編が2冊、番外編が1冊発売されています

2019年には、ドラマCD(第1巻)が発売されました

その後、2021年ドラマ化、2022年漫画が単行本化、2023年には映画も公開されました

TVドラマ「美しい彼」

imaged by Andrés Salas from Unsplash

2021年11月から12月まで、毎日放送の深夜枠で放送されました

各30分、全6回でした

比較的、コンパクトにまとまった作品でしたが、高い支持を受けました

原作の良さを損なわない脚本と、主人公2人を演じた俳優さん達が、高く評価された印象です

平良役は、萩原利久(はぎわら りく)さん

清居役は、八木勇征(やぎ ゆうせい)さん

お2人の美しいビジュアルも、話題になりました

また、高評価を受けて、2023年2月から3月まで、Season2が全4回で放映されました

個人的には、Season1終了からSeason2決定までが早すぎて、ちょっと驚きました

それだけ人気が高かったってことでしょうね

放映終了後は、色々な動画配信サービスで楽しむことができます

有名どころでは、NETFLIXやU-NEXTなどで見ることができます

ただ一部のサービスでは、期間限定で配信しているところもあります

ご希望のサービスで、今も配信されているか、事前にご確認ください

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

劇場版 「美しい彼~eternal~」

imaged by Dominic Wunderlich from Pixabay

TVドラマの高い評価を受けて、続編が、劇場版として2023年4月に公開されました

主要キャストは、TVドラマと同様です

監督や脚本などの製作スタッフも、基本的にTVドラマと同じ方々です

ドラマが面白かった方には、劇場版は外せない作品になっていると思います

2023年11月現在、劇場版を視聴できる動画配信サービスは、NETFLIXとU-NEXTです

ご利用されているのであれば、ぜひご視聴ください

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

コミックス「美しい彼」

imaged by StockSnap from Pixabay

映像以外では、漫画化もされています

原作イラストは、葛西リカコ先生ですが、漫画化は、北野仁(きたの めぐみ)先生です

繊細な描写が、儚く美しいです

線が細く、透明感がある感じ

元々この作品は、執着とか、一途とか、重いキーワードが多い作品です

ただ原作は、凪良先生の文章がキレイで、描写も軽いものが多いので、いやな重さは感じません

漫画も、その雰囲気を引き継いでいる印象です

まずは漫画で試したいという方には、おすすめです

ドラマCD「美しい彼」

imaged by Dani Géza from Pixabay

「美しい彼」シリーズは、ドラマCDもあります

TVドラマとは違い、こちらは声優さんが担当されています

平良役は小野友樹さん、清居役は斉藤壮馬さんです

声だけの演技って、やっぱりすごい!

ちゃんと、2人が生きて、存在しているかのような息吹を感じます

もちろん、TVドラマの俳優さん達とは、違う声・違う演技です

そちらを先にご覧になった方は、戸惑われるかもしれません

でも、どちらも丁寧に作られています

個人的には、それが、とっても大事だと思っています

こちらも、もし興味があれば、ぜひ試していただきたいです

まとめ

  • 漫画化・映像化作品の中で、次に読みたいBL小説を探してみては?と思い、記事にしました
  • メディアミックス作品の中で、最近のおすすめは「美しい彼」シリーズです
  • みなさんのお気に入りの1冊を見つける参考にしてもらえたら、嬉しいです